忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

0、-、+

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。2歳半を過ぎましたが、犬生はまだまだこれからです。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



そして私はPowerShot G15。キヤノンが誇る、ちょっと高級なデジタルカメラである。



高級な私には、さまざまな機能が備わっている。
「AEB撮影」もそのひとつだ。

AEBを設定しておくと、
シャッターを押されるたびに
私が自動的に露出を変えながら連続撮影を行い、
標準露出、マイナス補正、プラス補正の順番で、3枚の画像データを生成する。

実際にご覧いただこう。



1枚目。標準露出。ちょっとどんよりした仕上がりである。



2枚目。マイナス補正。さらにどんよりした仕上がりである。



3枚目。プラス補正。それなりに明るくて良い仕上がりである。

このときは標準露出を0に、補正は±2/3に設定してあった。

AEBの便利なところは、撮影のたびに露出をいじらなくても、
シャッターボタンひと押しで3種類の違う露出の写真が撮れるということ。
「これくらいの露出で撮ったらきれいかな?」と思う数値を中心に
±1/3~2の範囲で露出を変えて撮影できるのだ。
撮影者は撮れた3枚の中から1番気に入った仕上がりの写真を選べばよい。
ああ私って働き者。


もう1度ご覧いただこう。



1枚目。標準露出。かなりどんよりした仕上がりである。



2枚目。マイナス補正。不愉快なほどどんよりした仕上がりである。



3枚目。プラス補正。ほどほどの仕上がりである。

これも標準補正0、露出補正±2/3で撮影した。

雪の中のカイザー(仮名)を撮影するにあたり、AEBはとても便利だったという下僕2。
私としては、標準露出2/3、露出補正±2/3という設定を試してもらいたかったと思う。



それから……私には「スノー」という撮影モードが備わっているので、
できればこれも試してもらいたかった……。

取説にちゃんと書いてあるのだ。
「雪景色を背景に、人を明るく自然な色あいで撮影できます」と。
おそらくカイザーにも有効だったであろう。
先の大雪は、スノーモードを試すまたとない機会だったと思うのだが、
下僕2がこの機能の存在を失念していたらしく……非常に残念だ……。

私はPowerShot G15。キヤノンが誇る、ちょっと高級なデジタルカメラ……なんだけどな……。




プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード