忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

終焉

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。2歳半を過ぎましたが、犬生はまだまだこれからです。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



関東地方南部の皇帝直轄領。
さすがに3月に入ると、2月の大雪の名残はほとんど見られません。



このように僕の公用車を覆い隠していた雪も、跡形もなく消えてしまいました。

それでも僕はまだ、大雪の思い出に浸っています。



あのころは、毎日お昼過ぎから日暮れまで、銀世界を楽しんでいました。



真っ白な雪が積もった場所で、「白球とってこい」遊び。



僕の動体視力をもってしても、難易度の高い遊びでした。



「まだ帰らないよ! もっと遊ぶよ! つきあえ、下僕2!」
『はい、陛下!』



「林の向こうの太陽目指して突き進むんだ、下僕2!」
『はい、陛下!』

林を抜けた僕たちを待っていたのは、無人の雪原でした。



「なんだこれは! 誰もおらんではないか!」
『チャンスです、陛下! ロングリードにつけかえましょう!』
「ひゃっはー!」



「誰もおらん! ひとっこひとりおらん!」
『素晴らしいです! 最高です!
下僕2めはトレッキングシューズですのでちょっと足がじめじめしますが、
陛下にお喜びいただけるなら、いくらでもおともいたします!!』



「よく言ったぞ、下僕2よ! ひゃっはー!」



「白球ひゃっはー!」



「日没ひゃっはー!」



「……ふぅ」



「ねえ下僕2、この雪、いつまであるのかな……」
『せいぜい4、5日でしょうかね』
「ふーん……」



「この雪が溶けたら、春がくる?」
『来ますねえ』
「夏もくる?」
『来ますねえ、はい……』
「またマダニ出る?」
『うじゃうじゃ出るでしょうねえ……』
「ふーん……」


『元気出してください、陛下。また海に行きましょう!』



『湖にも行きましょう!』



『川も!』



『キャンプも!』



『冬が終わって夏が来ても、いっぱいいっぱい遊びましょう!』



「うむ、そうだな。しっかり計画を練るのだぞ」



「さらに言うなら、雪の写真はまだまだいろいろあるのだろう?
しっかりブログを更新するのだぞ」
『がはっ………………』



プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード