忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

真夏の夜の究極の選択

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。1歳ですが、まだまだ育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



もうすっかり夏ですね。
毎日暑いです。拷問です。勘弁してほしいです。

僕の部屋では、サーキュレーターが連日フル稼働。



小次狼兄さんの離宮にも、クリップオンタイプの小型扇風機がつきました。




エアコンは「もっとエコ自動」モードで連続運転中。
下僕2曰く、
『部屋にいる時間が長いなら、こまめにオンオフするより、
いっそつけっぱなしにしておいた方が省エネになるんです』
……たぶんN○Kあたりの情報番組の受け売りでしょう。


エアコンがついていても、
部屋の温度は29℃前後、湿度は60%前後。あまり快適とは言えません。
このような環境だと、バリケンネルの中で寝るのは厳しいものがあります。



一応、アイリスオーヤマの「ひんやりアルミプレート」が敷いてありますが、
ずっとその上に寝ているとプレートが温かくなってしまいます。
なにより、長時間クレートの中にいると、空気がこもって鬱陶しいんです。

ここでひとつの問題が持ちあがります。
クレートトレーニングです。

下僕たちは、ショップの店員さんや獣医師さん、
トレーナーさんなど様々な職種の方に、
「入院などでクレートに入らなくてはならない場合に備えて、
普段からクレートに慣れさせておいた方が良い」
とアドバイスされたそうです。
そんな経緯から、僕は夜間、ひとりでクレートで寝ることになっています。

去年の夏は、毎晩ちゃんとクレートで寝ていました。
けれど今年の夏は、クレートで寝るのがイヤでイヤで仕方ありません。
冬の快適さを知ってしまったせいでしょうか。
夏場、熱がこもりがちなバリケンネルの中が、とにかくイヤなんです。

夏でもクレートトレーニングを続けられるようにと、下僕2は知恵を絞りました。



たとえばこれは、クレートの扉の前に氷をたくさん置いて、
その冷気をサーキュレーターでクレート内に送りこむという、
非常に原始的な試み……あまり効果は感じられませんでした。
当の下僕2も、うまくいくとは思ってなかったらしいです。


実は、もっと簡単な解決策があります。
エアコンを25℃とか23℃とかに設定すれば、たぶん僕はクレートで寝られるんです。
しかしそのような温度設定は、時流に反するのだそうです。

節電をとるか、クレートトレーニングをとるか。
究極の選択を突きつけられた下僕たち。


結局、夏期の夜間クレートトレーニングは中止になりました。
『ハウス』という言葉の意味を忘れないように、
クレートに入る練習だけはするけれど、中で寝る必要はない、と。
本格的な夜間クレートトレーニングは秋になったら再開しよう、と。

これで僕は、夜でも好きな場所でのびのび寝られます。やっほう!



ああ、扇風機の風とアルミボードのひんやり感が心地よい……zzz



プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード