忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

僕はニーム、ニームの木

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕はニーム、ニームの木

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。1歳ですが、まだまだ育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



……じゃなかった。今の僕はニームニームの木です。

もう9月だというのに、茂みにはまだたくさんの蚊が潜んでいます。
ヤツらも季節の移ろいに気づいているのでしょう。
ラストスパートとばかりに、必死で血を吸いにきます。



そんな忌まわしい蚊はもちろん、ダニやノミからも僕を守ってくれるのが、
虫除けスプレー、レニームです。

虫除けスプレー、レニーム[LENEEM]・スプレーボトルと付替ボトル

原材料は、ニームオイル、ムクロジ、精製水。
舐めても平気、傷口についても大丈夫、という非常に安全な代物らしいです。
がぶ飲みしたら、さすがにおなかを壊すと思いますが。

ニームオイルは、ニームの木の実を圧搾機で絞って抽出したオイルだそうです。
有効成分はアザディラクチンで、虫除けスプレーに使われるだけでなく、
無農薬志向の害虫対策として、農業・園芸分野でも注目されているのだとか。



レニームの場合、
主原料のニームは、 最も効果のあるインドの西ベンガル州原産 を使用しております
とのことで、ますますその効能に期待がもてます。

ひと夏、レニームを使ってみましたが、これがあるのとないのとでは、大違いでした。
レニームをつけ忘れて出かけると、蚊は僕を見つけるやいなや、
すっ飛んで来て僕の身体にとりつきます。ウザイです。



しかしきちんとレニームをまぶしてあると、
蚊は僕の身体から10センチほど離れた場所を飛びまわるばかりで、
なかなか僕にとりついてきません。へっへっへ。



レニームの匂いに惑わされ、
僕をニームの木と勘違いしているのかもしれません。
あるいは有効成分アザディラクチンを嫌って、
攻めあぐねているのかもしれません。

その隙に、僕は移動します。
歩きだしてしまえば、蚊なんてすぐに振りきれるものです。



レニームをつけてあれば、
鬱蒼とした林に入りこんだり、
蚊が身を潜めやすい茂みのそばで立ち止まったりしない限り、
蚊にとりつかれることはほとんどありません。



こういう無防備なときに蚊に見つかってしまった場合は、
下僕に追い払ってもらうしかないのですが。



『陛下、そろそろ視察のお時間です』
そう言って、下僕2が僕の首に恭しくハーフチェーンのカラーをかけました。
続いてレニームを僕の身体に吹きつけ、念入りにマッサージしてコートになじませます。
頭頂部、首まわり、背中、腕、足……毛の薄いおなかまわりも忘れてはいけません。





レニームの香りを身にまとうことで、ニームの木に身をやつし、
今日も僕は視察に出かけます。


僕はニーム、ニームの木。
 刺してもいいことありません。
  吸っても美味しくありません。


僕はニーム、ニームの木。
 刺しても血なんて吸えません。
  不味い樹液が出るだけです。


僕はニーム、ニームの木……。


プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード