忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

あまり僕を待たせないほうがいい

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちわ。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
そろそろ1歳。まだまだ食べます、育ちます。



カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。


さて、これは生後3ヶ月頃の僕です。
皇帝の風格は、まだ微塵も感じられませんね。



今回、なぜこんな写真をお見せしたかというと、
僕の背後にあるゲートに注目していただきたいからなんです。
これ、いわゆるペットゲートというやつで、下僕2の記憶が正しければ、
うちにあるのはアイリスオーヤマのペットゲートWPG-850NLです。

このゲートは、僕が物心ついたときからここにありました。
この向こうは下僕たちの作業場であるらしく、僕は立ち入りを固く禁じられています。



禁じられているとは言っても、このゲート、
ボルト固定ではなく両側で壁に突っ張っているだけです。
幼い頃ならいざ知らず、今の僕が本気で体当たりすれば、
突破は可能でしょう。

しかし皇帝として日々成長を続ける僕は、
下僕の仕事を尊いものと理解しています。

そしてこのゲートの向こうは下僕たちの神聖な作業場。
だからたとえゲートが開けっ放しになっていても、
今の僕は勝手に中に入ったりしないのです。




……勝手に中に入ったりしないから、


早くそこの白くて冷たい箱からおやつを出してよ。


あまり僕を待たせないほうがいいよ?


プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード