忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

下僕たちが温泉に入ってきました

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。2歳になりましたが、犬生はまだまだこれからです。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



キャンプという名の避難生活訓練を終え、那須高原のオートキャンプ場をあとにした僕たちは、



那須温泉元湯、鹿の湯へやってきました。



どこでも寝られる下僕2と違い、下僕1はデリケートです。
最低気温2℃という環境でのテント泊は、さぞかし辛かったのでしょう。
チェックアウトするや、逆らいようのない気迫で温泉行きを主張しました。



寒かったのだろう、下僕1よ。じっくり温まってくるが良い。くれぐれも火傷せぬようにな。



下僕1と下僕2が交代で入浴するあいだ、僕は那須湯元の観光、もとい視察をします。



このあたりの温泉は人間専用。
たとえ皇帝であろうと、犬である僕は入れません。
そして、入ろうとも思いません。
46℃だの48℃だの、そんな熱湯、僕には拷問でしかないのです。



しかもここのお湯、ほんのり腐った卵の臭いがします。
概してきれい好きな人間たちが、源泉掛け流しだのと言って
このような腐臭の湯をありがたがるとは、不思議なこともあったものです。

そうは思いませんか? ねえ、鹿さん。



……え? あなたは温泉がお好きなんですか?

え? 傷ついた身体をここの湯で癒したことがある? 約1400年前に?

あ……、畑を荒らしまくって退治された大白鹿というのは、あなたのことでしたか。



うわぁ、どうりで強そう……あ、いやいや、倒し甲斐がありそう……。
こんなに逞しい身体になれるなら、僕もここの温泉、入りたいかも……。



ちなみに那須温泉は、この大白鹿のおかげで発見されたそうです。
そしてこの鹿の角は、那須温泉神社に奉納されたのだとか。

1400年経っても語り継がれるなんて、すごいです。
僕も立派な犬帝として、後世に名を残したいものです。



以上、秋の那須高原からお伝えしました。


【第3回 避難生活訓練 関連記事】

プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード