忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

涼しい夜の過ごし方@秋の那須高原

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。2歳になりましたが、犬生はまだまだこれからです。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



秋の那須高原でキャンプ、もとい避難生活訓練。



関東地方北部で標高600メートルのオートキャンプ場となると、
夜間はそれなりに冷えることが予想されました。
その寒さを体験し、無事にテントで朝を迎えることこそが、
今回の訓練の主題でもありました。

そのために下僕2が揃えた防寒アイテムがこちら。



寝袋は、ロゴスの「丸洗い寝袋ファミリー・2」。
封筒型で、2枚連結すればダブルサイズ寝袋として使用可能。
適正温度目安は2℃までです。


まず、EVA樹脂のジョイントマット(1cm厚・本当は室内用)とブルーシートを敷いて、


画像は朝霧高原で撮影したものです




その上にQUECHUA(ケシュア)の3人用ポップアップテント、2 SECONDS IIIのスタンダードタイプを設営。

次に、テント内に先ほどの防寒アイテムをセットします。



アルミマットを敷いて、
寝袋(1枚目)を全開にして敷いて、
こたつ用マイクロファイバーカーペットを敷いて、
マイクロファイバー毛布を掛けて、



寝袋(2枚目)を全開にして掛けて、寝袋(1枚目)とファスナーで連結。
これで、人間ふたりが入れるダブルサイズの防寒寝袋のできあがりです。



あとは、ファイアグリルの焚き火で火遊びしながら用意した1.8Lの湯たんぽ2個を、
寝袋の中に入れておきます。



『最後に陛下をテントに入れて、準備完了♪』
「……下僕2、今、さらっと僕のことを防寒アイテム扱いしなかった?」
『うふ♪ どうぞお気になさらず』
「…………………………」

『テントの外は5~6℃ですけど、中は12℃以上ありますね』
「ぽっかぽか~」

『ババシャツを着て、フリースのタートルを着て、フリースのタートルを着て……』
「下僕2、何枚着る気?」
『ユニクロのウルトラライトダウンジャケットを着て、スキー用タイツをはいて……』
「だから何枚着る気なの?」
『マイクロフリースの暖パンをはいて、靴下はいて……』
「ミシュランのビバンダムみたいだよ、下僕2!」
『さあ消灯時間です! みんな寝ましょう! おやすみなさい!』



ちゃ~ら~ら~ら~ちゃっちゃっちゃ~♪



「おはよう ございます ゆうべは よく おやすみ でしたね」

「げぼく1は とっくに おきて ひおこしを はじめて ますよ」





僕は夕べ、天国と地獄を目撃しました。



下僕1も下僕2も、寝袋に入った直後は
「地面からの冷気でおケツだけがどうしても冷たい」などと言っていましたが、
ほどなくして下僕2が爆睡開始。

テントの外にまで轟く下僕2の大いびきに悩まされ、下僕1はなかなか寝つけませんでした。
どうにか浅い眠りについても、僕が身じろぐたびに目が覚めてしまいます。

夜中、目が覚めると、トイレに行きたくなりますよね。
僕の身じろぎと下僕2の大いびきに起こされた下僕1はトイレに行きたくなり……
テントの外に、出てしまいました。

ファスナーを開けて、最低気温2℃の世界に、出ていってしまったのです……。



哀れなり、下僕1。

ちなみに寝袋に入れた湯たんぽは、朝になってもぽかぽかだったそうです。




つくづく思うんですけど、アウトドアって、寝た者勝ちですね。


下僕2は、テントの中にスタイロフォームを敷いたら、
もっと暖かく過ごせるんじゃないかと言ってます。
リベンジオーラがムンムンです。

僕の見た限りでは、問題の本質はそこじゃなかったような気がするんですが……。




下僕1、ピンチです。




『カイザー(仮名)が寝袋の上で寝てくれると確かに暖かいんだが、
こいつを寝袋の中に引きずりこんだら、もっと暖かいんだろうなぁ……』



「ぎくっ」



1.8Lの湯たんぽが朝までぽかぽかだったという、あの暑苦しそうな寝袋の中に、
僕を引きずりこむ……?

ななななんておそろしいことを言うんだ、下僕1!


もしかしたら、僕も結構ピンチかもしれません。


以上、「第3回 避難生活訓練」の模様を
那須高原のオートキャンプ場よりお伝えしました。

【第3回 避難生活訓練 関連記事】





プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード