忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

ですとろい!

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ですとろい!

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
こんにちわ。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
そろそろ1歳。まだまだ食べます、育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



昼寝から目覚めると、下僕2が部屋の片隅でなにやらゴソゴソやっていました。
気になって行ってみると、そこに並んでいたのは懐かしい玩具の数々。
しばらく見ないと思ったら、下僕2が隠していたようです。



『そりゃ隠しますよ。全部壊れてるんですもん』
「壊れてるのか?」
『壊れてますよ。陛下が壊したんです』
「そうだっけ?」
『そうなんです。これとか5分もたなかったんですけど、覚えてませんか?』



「……あ、覚えてるかも。確かこれ夜の公園で……」



『そう。お店で買って、すぐに近くの公園に持って行って、「とってこい」の練習しようとしたんですよね』
「噛むとピーピー音がするんだ、これ」
『陛下ったら、投げたら取りに行ってくれたけど、くわえたまま大喜びで走りまわって、ぜんぜん帰ってきてくれなくて』
「くわえたまま走ると、勝手にピーピーいっておもしろいんだよね!」
『着地の瞬間とか、地面を蹴る瞬間とかに、あごに力が入るんでしょうね。足の動きと同じリズムでピーピー鳴らしてましたね』
「だけど急に音がしなくなったんだ」



『まさかと思ってとりあげてみたら、穴があいてましたね。犬歯が貫通したんでしょう』
「そのまま返してもらえなかった……」
『当然です。陛下が破片を誤飲しては困りますから』
「ちょっとしか遊べなかったなぁ……」



「で、壊れてるならなんで捨てずにとってあるの?」
『いつかまとめて写真撮ろうと思ってたんですよ。もう撮りましたから、捨てます』
「ふーん……じゃあ……」



「捨てる前に、もっと壊しちゃっていいよね?」

『ダメです』


「ちぇっ……」



カイザー:「ですとろい!」




 



プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード