忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

もっと、ですとろい!

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちわ。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
そろそろ1歳。まだまだ食べます、育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



下僕2はまだ僕の玩具整理をしています。
こうしてみると、僕の玩具ってボールばかりです。



『正確には、「壊れた玩具」がボールばかりなんです、陛下』
「ふーん。なんでだろう」
『なんででしょうねぇ』



『かじり棒とかロープとかコングとか骨とか、強く噛むことを前提とした玩具は、まだまだ健在なものが多いです』
「うんうん」
『ボールはとにかくすぐ壊れるので、お店で選ぶのに苦心しました』
「そうかそうか。それはごくろう」

カチン







「きゃーっ きゃーっ きゃーっ」





「な、なんか今、子供の頃の壮絶な思い出が脳裏を過ぎったような……」
『気のせいです、陛下』


『とにかくですね、普通の犬用テニスボールとかは、すぐに壊れてしまうんですよ』
「噛むと簡単に穴が開くし、皮をむしり取るのっておもしろいからね」



『壊される分には構わないんですけど、破片を誤飲されないか心配で。
それで、ヘチマボールならいいんじゃないかと思ったんです。
……こういうやつなんですけどね』



『噛むことで歯磨き効果が期待できるし、ヘチマなら、ちょっとくらい食べちゃっても大丈夫なんじゃないかと』
「僕としては、かじって壊せるならなんだっていいんだけどね」



『ところがこれ、素材はヘチマなんですけど、ボールの形に縫い合わせてあるんですよ。
かじっているうちに、その糸がほつれて出てきちゃうんです』



「そのたびに没収されるんだよなぁ……」
『出過ぎた糸を切り落とした上で、ちゃんとお返ししてるじゃありませんか』
「下僕2、気にしすぎ」

カチン







「きゃーっ きゃーっ きゃーっ」





『……これもボロボロになっちゃいましたね』




『もともとはこんな形をしていたんですけど……』



『頑丈なつくりだからそうそう壊れないだろうと思って、油断しました。
陛下があまりにおよろこびになるので、ついあげっぱなしにしてしまって』
「おもしろい玩具があると、ひとり遊びも楽しいんだよね」
『縫い目から少しずつ破られて、ついには中の小さいボールが出てきちゃって。
それで半お蔵入りになったんです』
「僕これ今でも結構好きだなぁ」

『コングウァバって言うらしいですよ。
私もこれ、良くできた玩具だと思います。

大きい方のボールを握るとホイッスルが鳴るんですが、
この音、水鳥の鳴き声によく似ていると思います。

あと、ボールについてるひらひらをはためかせると、
ひらひら同士がぶつかりあって、ぱたぱたと音がするんですけど、
これまた鳥が羽ばたく音に似ています。

陛下のような水鳥回収犬の心をくすぐる、非常に良くできた玩具なのではないかと』

「水鳥の鳴き声って滅多に聞かないからわかんないや。
でもこのぱたぱたを聞くとわくわくするね。
こいつでひっぱりっこすると、すっごく燃える!」



『いっぱいやりましたねえ、ひっぱりっこ。
これはまだまだ使えそうだし、もう少しとっておきましょうか』
「えへっえへっへっへっへっ」





プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード