忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

服部牧場で未知との遭遇

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
3歳半になりましたが、歩き出したら体力底なし。涼しくなって絶好調です。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



神奈川県は東丹沢、宮ヶ瀬湖のすぐそばに、服部牧場という観光牧場があります。

20140927_IMG_0818_640sq

なんとこの牧場、犬入場OKらしいのです。犬の皇帝として、さっそく行ってみたいと思います。

20140927_IMG_0819_640

入って早々にヤギさんがお出迎え。給餌箱に収まってご機嫌です。
そのヤギさんと同じ囲いの中に、

20140927_IMG_0821_640

「……ねえ下僕、なんか白と黒のシマシマが来たんだけど、この大きすぎるイキモノはナニ?」
『……………………』
「ねえ下僕? 下僕?」
『……なんで……コレが……牧場でヤギと一緒の囲いに……?』

20140927_IMG_0822_640

――こんにちは。……君、ここの犬じゃないね――

「ははははい、こここんにちは。僕、ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
皇帝ですがこここの土地を奪おうとか微塵も思ってませんから何卒よろしくお願いしますすすすす」

――うん、服部牧場へようこそ。ゆっくりしてってね。あ、ここの草、美味しそう……――

20140927_IMG_0824_640

「……お、お身体が大きくてお強そうですね。あなた様、は、いったい何者、でいらっしゃいますか?」

――ん? 僕? 僕はね、 牛 だよ?――

「はい?」

20140927_IMG_0825_640

――見ればわかるでしょ? 白と黒のツートーンカラー。どこから見ても牛でしょ?――

「………………………………………………………………ハイ

20140927_IMG_0827_640_2

――まあほかにもいろんなのがいるから、見ていってよ。
  そうそう、メッツゲライ・ハットリのソーセージとカサリンガのジェラート、オススメだから――

「はあ……ありがとうございます……」


自称牛のシマシマが立ち去ったあと、今度は別のイキモノと目が合いました。

20140927_IMG_0883_640

「下僕よ、あれも牛か?」
『いいえ、ロバです……』
「さっきのシマシマ、体型的には牛よりロバに似てるよね?」
『そうですね……』
「……ねえ下僕、あれはウマ?」

20140927_IMG_0876_640

「そうですね。ウマですね」
『さっきのシマシマ、顔の形的にはウマに似て(以下略』

20140927_IMG_0833_640

「ねえ下僕、牛ってこれだよね? さっきのシマシマ、牛じゃないよね?
あれはいったい何者だったの?」


神奈川県は東丹沢、宮ヶ瀬湖のすぐそばに、服部牧場という観光牧場があります。
僕はそこで、未知との遭遇を果たしたのです。

プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード