忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

少年時代の「photo by GoRouKou」

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少年時代の「photo by GoRouKou」

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。1歳になっても、まだまだ育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。


今日の僕も、いつもとひと味違います。
先日に引き続き、「photo by GoRouKou」なのです。


下僕2のお父君は、「ご印籠をカメラに持ち替えたご老公、自称プロカメラマン」。
そんなご老公様が撮ってくださる写真、「photo by GoRouKou」は、
普段、下僕2がコンパクトデジタルカメラで撮る写真と比べると、明らかにグレードが違います。


ご老公様の撮影技術と、キヤノン砲とも言うべき望遠レンズをもってすれば、
「僕くっきり、背景ぼんやり」被写界深度が浅い写真だって撮れちゃうんです。
上の写真とか、前回もお見せしたこの写真のように。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像



ご老公様に撮っていただいた子供の頃の写真はとても貴重です。
特に視察中の写真となると、ご老公様に撮っていただいたもの以外、
まともなものはほとんど残っていません。

少年時代のカイザー皇帝陛下、ご視察のご様子

少年時代真っ盛り。
このころの僕はまだ皇帝としての自覚が薄く、四六時中はしゃぎっぱなしで、
なかなかじっとしていられませんでした。
そのため、コンデジのシャッタースピードで撮れるのは心霊写真ばかり。
下僕2がひとりで随伴しながら撮るなど、到底不可能だったそうです。


そんなわけで、視察の合間、公園でボール遊びに興じている僕の姿が写真に残っているのは、ご老公様のおかげです。

少年時代のゴールデンレトリバー、カイザー皇帝陛下、ボール遊び中のご様子

少年時代のゴールデンレトリバー、カイザー皇帝陛下、ボール遊び中のご様子

少年時代のゴールデンレトリバー、カイザー皇帝陛下、ボール遊び中のご様子


これほどの写真を可能にする技術と機材ですから、
ときには、写らない方が良いものまで、しっかり写ってしまいます。

たとえばこの写真。
僕の顔、ちょっと迫力ありすぎだと思いませんか?

少年時代のゴールデンレトリバー、カイザー皇帝陛下、ボール遊び中のご様子

ボール遊びに熱中するあまり、コワモテになっているのは事実です。
しかし、それだけではないんです。
口元を拡大してみると、その原因がはっきり写っています。
血を見たい方はこちら()をどうぞ。

……ちょうど歯が生えかわる時期だったんですよね。


それからこの写真。
もとは全身像だったのですが、とある配慮から、下僕2がバストアップに加工しました。

少年時代のゴールデンレトリバー、カイザー皇帝陛下の肖像

「配慮なんていらない、元画像を見たい」というおおらかな方は()をどうぞ。
僕の後ろ足付近を見ると、下僕2がなにに配慮したのか、おわかりいただけると思います。

僕は別に隠さなくてもいいと思うんですけどね。

ご老公様、次はいつお会いできるかな~




「ところで下僕2、今回の写真を見ていて、気になったことがあるんだけど」
『はい、なんでしょう?』
「ご老公様に撮っていただくと、下僕2も一緒に写ることが多いよね?」
『そうですね』
「それで提案なんだけど、ちょっとやせてみたら?」
『……いえいえ、陛下との力比べで優位に立つためには、今の体重を維持した方が都合がいいんです』
「うん、まぁ僕にとっても、下僕2が漬け物石でいてくれた方が、いいトレーニングになって好都合だよ。でもね、足の太さとか、ヤバくない?」
『……』

パチン

「ん? 今の指パチンはなんの合図だっけ? あれ? なんで下僕1が僕の後ろに……」



「きゃーっ きゃーっ きゃーっ」



プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード