忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

緊急指令:額紫陽花と撮ってこい

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緊急指令:額紫陽花と撮ってこい

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。1歳ですが、まだまだ育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



ここ1ヶ月ほど、下僕2のアジサイフィーバーにつきあわされてきました。

青いアジサイ、紫のアジサイ、白いアジサイ。
日向、日陰、夜間、炎天下。
さまざまな場所、さまざまな条件で写真を撮られてきました。

[夜のアジサイ]

[夜のゴールデンレトリバー、カイザー皇帝]

[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝と紫のアジサイ]

[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝と青いアジサイ]


下僕2の信条は「数打ちゃ当たる」ですから、
撮った写真はゆうに100枚を越えていることでしょう。
これだけ撮れば、さすがの下僕2も満足したはず。
僕もホッとひと安心……だったのですが。

先日、下僕2のもとに、ご老公様からリクエストメールが届いたようなのです。
僕と「額紫陽花」の写真が見たい、と。

額紫陽花。
その読み方が、「ガクアジサイ」なのか「ヒタイアジサイ」なのかもわからないまま、
とりあえず「額紫陽花」でぐーぐるけんさくした下僕2。
行きついたのは、頼れるうぃきぺでぃあさんでした。

そして下僕2は知ってしまうのです。
額紫陽花は「ガクアジサイ」で、
よく見かけるアレは、咲きかけのアジサイなどではなく、
ああいう咲き方をするアジサイなのだと。

最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサイ(ヒメアジサイ・テマリ咲きアジサイは別)であり、日本原産のガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)を改良した品種である。
ガクアジサイ H. macrophylla (Thunberg) Seringe - 房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島、足摺岬で海岸に自生する。このためハマアジサイとも呼ばれる。高さは2メートル程度だが、4メートルに達することもある。花序は多数の両性花を中心として、装飾花が周りを縁取る。名称の「ガク」はこのさまを額縁になぞらえたものである。

Wikipediaより)




はぁああああああああああ……。


今まで下僕2は、アレを咲きかけだと思いこんで、
『満開になったら撮りにきましょうね』、と素通りしてくれていたのに。

あ~、なんか出かける準備はじめちゃってる。
いつものカメラに予備のバッテリーまで持って……撮る気満々だ……。



[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝と八重咲きの額紫陽花]

じぃいいやぁあああ!!

お恨み申し上げますぞぉおおお~~~!!



……なんちゃって。
実は、ご老公様からのメールが届いたこの日は妙に涼しくて、
冷たい風も吹いていて、僕、絶好調だったんです。
久々に遠出できて、とても良い視察になりました。

[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝と八重咲きの額紫陽花]

爺や、見てください。
この写真と一番上の写真、装飾花の形がちょっと違いますよね?
一重咲きと八重咲き、両方見つけちゃいました。

下僕2は、民家の軒先や植木屋さんのアジサイを撮るほど肝が据わってないので、
公園という公園を探しまわって、1時間以上歩いちゃいました。

途中、ユリもいっぱい見かけましたよ。

[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝とユリ]

[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝とユリ]


ちょっと前に撮ったギボウシの花もおまけしておきますね!

[ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝とギボウシの花]



やっぱり涼しいっていいなぁ~
早く秋にならないかな~


プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード