忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

ですとろい the ぼーる

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ですとろい the ぼーる

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。1歳ですが、まだまだ育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



突然ですが、
みなさんはどういった物で「取ってこい」をしてますか?
うちの下僕たちは主にボールを使ってます。




でも僕からしてみれば、ボールというのは 噛むために存在 するものです。
そして噛み心地を楽しんだ結果、たくさんのボールが破壊されてきたというのは、
以前お話ししたとおりです。





こんなボールを渡されたこともありました。
ANIMAL PLANETのスパイクボール、Sサイズ
当然、噛んで遊びました。

[ANIMAL PLANET スパイクボール S]

パッケージに「デンタルケアに最適」という売り文句が
書かれているだけあって、噛み心地はとても良かったです。
で、もらって5分も経たないうちに犬歯が貫通しました。

パッケージには、「跳ねる」とか「水に浮く」といった言葉も書かれていますが、
穴が開いてしまったボールは跳ねませんし、浮きづらいです。残念です。

それでもボールの形状をとどめているあいだは、
屋外での「取ってこい」専用ボールとして頑張ってくれました。お疲れ様でした。





そしてこれが、現在現役の「取ってこい」専用ボール、
JW PetCompanyのタンザニアンマウンテンボール、レギュラーサイズです。

[JW PetCompany タンザニアンマウンテンボール レギュラー]

僕の噛み力に頭を悩ませた下僕2が、
JW Pet Companyの玩具は頑丈らしいという噂を聞きつけ、探してきました。

実際、頑丈です。
噛んでも噛んでも犬歯は貫通しません。
ほとんどノーパンクボールです。



だけどこれ、なんかつまんない……。
笛がついてないから噛んでも音が鳴らないし、
噛み壊せないから達成感も得られない。

穴や溝におやつを詰めることもできますが、
コングに慣れた僕には簡単に取れてしまいます。

ひとり遊びには使えませんでした。
で、「取ってこい」専用ボールになりました。



このボール、下僕が投げるとおもしろい動きをします。
ひだがあるので、地面に落ちたときに思いもよらない方向にバウンドするんです。
「取ってこい」ボールとしてはなかなか優秀です。


でもやっぱり僕は、「取ってこい」をするよりも、 噛み壊したい です。





プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード