忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

魚眼レンズ de Photo by GoRouKou

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魚眼レンズ de Photo by GoRouKou

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
  • blogramのブログランキング
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。1歳ですが、まだまだ育ちます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



突然ですが、
ブログ村に登録している僕のプロフィール画像が新しくなりました。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の新しいプロフィール画像、「ミスター・ユニバース」(ご老公様撮影)

実はこれ、Photo by GoRouKou、つまりご老公様に撮っていただいたんです。
しかも撮影にはなんと、ご老公様の新兵器、魚眼レンズが使われているんです。

この写真にご老公様がつけたタイトルは、「ミスター・ユニバース」
背景が文字通り宇宙を感じさせて、ピッタリなタイトルですね。

……誰ですか? ボディビルダーの祭典だのなんだのと言っているのは。

確かに僕の上半身は、
日々下僕たちを引きずって歩いているせいでガチムキ気味ですが、
ご老公様はそんなことをおっしゃっているのではありませんよ? ……たぶん。


それにしても魚眼レンズっておもしろいです。
やり方次第では、こんな写真が撮れちゃいます。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の鼻デカ写真(ご老公様撮影)

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の鼻デカ写真(ご老公様撮影)

いわゆる「鼻デカ写真」ですね。


それから、僕が人間に生まれかわったかのようなこの一枚。

魚眼レンズで撮ったゴールデンレトリバー、カイザー皇帝と下僕2(ご老公様撮影)

下僕2が僕の首に抱きついているところです。
ショッカーに改造されたわけではないのでご安心ください。


この写真を見るとよくわかりますが、
魚眼レンズを使うと広~い範囲を撮影できます。
なので、うちの中で撮ると下僕2が悲鳴をあげます。

モザイクかけて誤魔化すくらいなら、ちゃんと片づければいいのに。


ここまでの撮影で、魚眼レンズの恐ろしさを思い知った下僕2が、
屋外撮影を強く要望するので、公用車に乗って公園へやってきました。



魚眼レンズで撮ったゴールデンレトリバー、カイザー皇帝(ご老公様撮影)

魚眼レンズで撮ったゴールデンレトリバー、カイザー皇帝(ご老公様撮影)

青い空と広い緑地。
片づいていない室内より、よほど良いロケーションですね。



のびのびできて、僕もご機嫌です。



超フリーダムな一枚。
展開の仕方を変えると、こんな風にも仕上がるらしいです。

オフリードになった記憶はないので、
おそらくこのとき、下僕2は僕の真後ろに控えていたのでしょう。
僕の身体は下僕2の巨体を完全に隠せるほど大きくありませんが、
この写真では下僕2がまったく見えません。
魚眼レンズってすごいですね。


撮影の場を、カボチャの国に移しました。





カボチャの国の案内犬さんにも再会。
この日はケープを着崩していて、ちょっとワイルドな感じでした。



記念撮影コーナーで案内犬さんとツーショット。もちろん魚眼レンズ使用です。
僕の新しいプロフィール画像も、この場所で撮ってもらいました。


この日は通常のレンズでもたくさん写真を撮ってもらいましたので、
今度またお見せしたいと思います。


ご老公様、僕をおもしろかっこよく撮ってくれてありがとうございました!



「……あれ? 下僕2、深刻な顔しちゃってどうしたの?」
『いえ、あの……魚眼レンズで撮った私、太って見えるな、と……』
「え? そんなことないよ。太って見えるんじゃなくて、本当にふとっ……」


ぶちっ……






「ぎゃああああああああああ」



プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード