忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

自然災害と犬帝の心得

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。2歳になりましたが、犬生はまだまだこれからです。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



ある日のことです。
居城の一室でくつろぐ僕に、下僕2が言いました。



治めるものを持たない帝位に意味などありません。
陛下はこの地を治め、この地とともに生き、この地とともに死ぬのです。



突然なにを言い出すんだ、と面食らっていると、
下僕2は、自然災害が発生した場合の犬帝の心得を説きはじめました。


良いですか、陛下。

自然災害はいつか必ず起きます。
陛下のご存命中に、陛下の直轄領で起きる可能性も、十分あります。



災害発生時は、身を守ることが最優先です。
日々の視察で安全な場所はだいたいわかっていますね?
状況に応じて、まずはそこへ逃げます。ご安心ください、私がお連れします。



そのあとは、状況を見極めつつ、居城があるこの土地に戻ってきます。
避難所  というものもありますが、あれは犬帝である陛下にとっては視察の対象です。
救いを求めにいく場所ではありません。

陛下はあくまでも、この一区画の土地にしがみついて生きのびるのです。
ご安心ください、私もお供します。



居城がどのような状態になっても、土地さえ残っていればなんとかなります。
いえ、なんとかするのです。そのために、避難生活訓練が必要なんです。

さあ、一緒に頑張りましょう!


あーえっと……、



下僕2、もしかしてココロとアタマがちょっと疲れてない?


というわけでやってきました、朝霧高原のオートキャンプ場。



たまたま混雑しにくい週末だったようで、サイトは選びたい放題でした。

すみっこのサイトに公用車を停め、下僕たちが高らかに宣言。
ここをキャンプ地とする。

水曜どうでしょう名セリフステッカー(ここをキャンプ地とする) 


オートキャンプもとい「避難生活訓練」の幕開けです。



「ところで下僕2、避難生活訓練が大事だってことはわかったんだけど……」



「仮にも僕は皇帝なんだから、生きのびることだけじゃなくて、
領民に対してなにができるかも、考えないといけないんじゃない?」

『人間は人間同士でうまくやりますから、大丈夫です。
人外の生き物も、専属の付き人が全力で守りますから心配いりません。
まずはとにかく、自分で自分の身を守る練習をしましょう。
余力がなければ、いざというとき他者を助けることなどできませんよ』

「ふーん……じゃあ、自分の土地がなくなっちゃったらどうしよう?」

『テントとクルマで流浪しながら再起を図りましょうかねえ……』

「じゃあ、クルマもテントもなくなっちゃったら?」

『……陛下、暇そうですね。
テント設営完了までもう少しかかりますから、おやつでもかじっててください』

「わーい! ササミジャーキーin牛の骨~」



ガジガジガジガジ……





【関連記事】

プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード