忍者ブログ

陛下とユカイな下僕たち

ゴールデンレトリバー「カイザー」(仮名)が、写真まじりの日記をたまに更新します。
姉妹ブログ「陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました」は、たぶん毎日お昼頃更新。

わん! ワン! WAN! 3!

  • にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
こんにちは。ゴールデンレトリーバーのカイザー(仮名)です。
遊びだしたら体力底なし。2歳になりましたが、犬生はまだまだこれからです。

ゴールデンレトリバー、カイザー皇帝の肖像

カイザーをドイツ語で書くとKaiserです。
Kaiserには皇帝っていう意味があります。

そう、僕って皇帝なんです。



前々回前回とお伝えしております、第2回避難生活訓練。

ここをキャンプ地とする。

水曜どうでしょう名セリフステッカー(ここをキャンプ地とする) 


あっさりテント設営を終え、つかのまの休憩。



下僕たちのここまでの労をねぎらって、僕が番犬役を務めます。

「異常があれば知らせる故、今は安心して休むがよい」
『ありがとうございます陛下。お礼にお背中ぐりぐりしますね~』
「うおっ」




その後は、キャンプ場内外で充実した時間を過ごしているうちに、日没。
香ばしい時間がやってきました。



夕食は前回同様BBQ。BBQ奉行は今回も下僕1でした。



僕の分の肉が真っ先に焼きあがりました。
しかし僕がこれを食べるのは下僕たちのあと。
下僕たちによる「お毒味」が終わるまで待たなくてはなりません。



僕は犬帝ですから、毒味が必要なのはわかります。
でも、なぜ下僕たちが完食するまで待たなくてはならないのでしょう……解せません。


そして消灯時間。

 

QUECHUA 2SECONDSの3人用ポップアップテントに、大型犬の僕と人間の大人がふたり。
スペース的には可もなく不可もなしです。



ただ、僕は下僕たちほど気配に鈍感ではありませんから、
外が気になってなかなか寝つけませんでした。
うろうろテント内を動きまわっているうちに、
うっかり下僕の顔の上に座ってしまうこと数回。

それでも朝はやってきます。



こうして第2回避難生活訓練は幕を閉じるのですが、正直、

どこでも爆睡できる下僕2がうらやましかったです。

ほどほどに周囲を警戒しつつもテントの中で安眠できるようになること。
これが今後の僕の目標です。

なにはともあれ、
お疲れ様でした!
【第2回 避難生活訓練 関連記事】

プロフィール

カイザー(仮名)

種族:ゴールデンレトリバー
性別:雄
職業:皇帝・帝国統治


下僕1

種族:人間
性別:男
職業:皇帝の下僕・ムチ担当


下僕2

種族:人間
性別:女
職業:皇帝の下僕・アメ担当

ゴールデン・レトリバー
(Golden Retriever)

 19世紀中頃に、スコットランドのダッドリー・マーシバンク伯爵(ツイードマス卿)によってフラットコーテッド・レトリーバーやブラッドハウンドなどの交配により改良されたのが起源とされている。
 元々水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、湖に生茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ちかえる猟犬として、何時間も猟場で活躍する優れた猟犬である。
 1925年に英国ケネルクラブでゴールデンまたはイエロー・レトリバーという新種として認定された。
 賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、穏和な性格をしているので、ペットとして広く愛好されている。

(Wikipediaより引用)

陛下とユカイな下僕たち

最新記事

陛下とユカイな下僕たちが、
旅に出ました

最新記事

ブログ内検索


PR

お客様の訪問数

バーコード